目で見て色々なことを学びました

私は旅行好きの両親のもとに育ち、海外旅行、国内旅行といろいろなところに連れて行ってもらいました。
色々な地域に行きました。貧しい国に行って、子どもの私に、現地の子どもが物を必死に売ろうとしてきたことがあるし、
不自由な身体をアピールしてお金を恵んでくれと訴えられたこともあります。

幼い頃にもびっくりしたのは、世界には生きることも必死でままならない子どもがたくさんいることでした。
自分は旅行客。お金のある家庭の子どもがなんだと、そういう目で見られることで自分がとても恵まれた環境で生きているのだと気づかされました。
海外旅行はある意味で社会勉強だったなぁと思います。私は、色々と考えさせられて、苦しい気持ちになるので開発途上国に行くのが当時はあまり好きではありませんでした。

とは言え、目で見ることでしか気づけないこと、学べないことがあったのだと今になって思います。
両親にはそのような旅行というかけがえのない機会をたくさん与えてくれたことに感謝しています。
自分が親となり、なかなか旅行に行く機会が作れなくなってしまいました。
それでも自分の子どもにも目で見て学ぶ機会をたくさん作ってあげたいなと思いながら、まだ決まらぬ旅行計画をたてるのが今でも趣味です。