HGHの構造とアンチエイジング 

HGHというワードを聞いたことはあるでしょうか。
Human Growth Holmonの略称で、その名の通り、新生児の身体の成長から加齢とともに現れる老化現象に至るまで人の成長に大きく関わっているホルモンです。

HGHは脳の脳下垂体で生成され、191個のアミノ酸から形成されるたんぱく質のひとつです。
骨や筋肉、内臓などひとの体の成長を促進させる働きがあり、ヒト成長ホルモンとよばれることもあります。
HGHは、生後から成長期にかけて分泌量が増えていきますが、10代後半をピークに、その後は加齢とともに分泌量が減少していきます。
20代で急激に減り始め、40代ではピーク時の約半分、80代では20分の1にまで減少してしまいます。

HGHの分泌が減少すると目に見える体への影響としては、体重の増加、体内脂肪の蓄積、筋肉量の減少、骨量の減少、運動能力の減退、エネルギー全体の減少として現れます。
HGHは今では、現代医学の発達によりアミノ酸遺伝子の組み換えによって人工的に精製することができ、体内に取り入れてHGHレベルを上げることで驚くようなアンチエイジング効果が発揮されることが分かっています。

具体的には、体脂肪の減少、筋肉質の増加、活力の向上、性的能力の改善、免疫機能の回復、骨の強化、コレステロールと血圧の低下、皮膚の強度となめらかさの回復、毛髪の再生、気分の高揚、認識能力の改善など、様々な効果が報告されています。